スポンサードリンク

一家4人で作る こだわりの芋焼酎 月の中

大阪府堺市南区にある あきささんおススメの焼酎は、
 
岩倉酒造場月の中 芋焼酎 1800ml
 

 
  この、月の中という、芋焼酎をつくっているのは、
  岩倉酒造場というところなのですが、

  この、岩倉酒造場は、
  岩倉さん一家わずか4人(父、母、娘、息子) 
  の小さな小さな焼酎蔵です。


人手が少ないうえ、製造から瓶詰めに至るまで
すべて手作業で行われているため、
(生産量)は極めて少なく、品薄状態が続いています。

岩倉さんの焼酎造りの信念は、

昔からある焼酎本来のしっかりとした味で、
最近多い、飲みやすさ、を前面に打ち出し妙に水っぽかったり、
アルコールっぽかったり、樽で貯蔵してウイスキーに似せているものは焼酎とは認めません。

また、原料にもこだわり、(芋)は仕込みのその日の朝に、
使う分だけを契約農家から買い、

大メーカーがするような、(芋)の安いときに
大量に買い溜めするようなことは決してしません。

なぜなら新鮮な(芋)が一番で、
古く痛んだ(芋)からは、良い焼酎はできません
 
月の中は、芋の甘い香りが漂う、
しっかりしつつも軽快さを兼ね備えた人気の芋焼酎です。

旨味とコクが存分に味わえ、
割ってもしっかりとした味が楽しめる濃厚な1本です。
 


あきささんおススメの
月の中の美味しい飲み方を紹介いたします 

お湯割り

お湯割はグラス等で飲む場合、
お湯から先に入れ、その後に本格焼酎を入れます。

お湯と本格焼酎の温度差で、
後から焼酎を入れ、お湯の対流作用を利用して混ぜます。

水割り
 
焼酎は水より軽いので、
水割りにする場合はグラス等には先に本格焼酎を入れ
後から水を入れると自然に焼酎と水が良く混じり合います。

焼酎と水の割合は4:6、5:5、6:4位がお勧めですが、
薄めから始めて自分の好みの濃さを発見してください。

ということです。

あきさ さんでした。

このブログはブログ村に参加しています。 ランキング上位を目指していますので、 ご協力お願いします。 下のバナーをクリックするだけです。にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。